プラセンタ注射の効果

MENU

飲むプラセンタとプラセンタ注射の効果の違い

プラセンタはドリンクや注射あるいはサプリメントの形で摂取することができるとされていますが、飲むプラセンタとプラセンタ注射では効果の違いは具体的にどれくらいあるのかを解説します。

 

まず、ドリンクやサプリメントなどの飲むプラセンタの場合、胃を通過して腸から吸収され核細胞に送られていきますが、プラセンタ注射の場合はその過程が短縮されてすぐに血液とともに細胞へと送られることが期待できます。

 

プラセンタ注射が注射した後にすぐに成分が浸透して効き目が実感できるのに対し、飲むプラセンタは経口摂取であるため吸収率が悪く2割ほどしか運ばれないため効き目は低いと考えることできるでしょう。

 

 

吸収率や効果の差を考えるのであれば注射の場合は直接体内に取り込むことができるので即効性を期待したいのであれば注射をするのが良いといえます。

 

プラセンタ注射の相場

基本的に美容医療は自由診療となりますので診察台その他を含めると1回の治療で2000〜6000円、たくさんの量を打つのであれば1回で9000円ほどかかるとされており費用が高いので継続して続けるのは難しいとされています。

 

一方、ドリンクサプリメントは継続して続けることができるので経済的にも優しくなおかつ継続して効果を持続したい場合には飲むタイプが良いといえるでしょう。

 

プラセンタ効果

 

プラセンタ効果