ガラクトオリゴ糖とは

MENU

ガラクトオリゴ糖とは?

 

ガラクトオリゴ糖とは、消化管内でビフィズス菌を増加させる作用を持ったオリゴ糖のことです。
ビフィズス菌は人の腸内に存在しており、乳酸や酢酸を作り出しています。

 

そのためガラクトオリゴ糖には、便秘を解消したり、便通を整えたりする整腸作用を期待することができます。
またこれ以外にも、腸内に存在する腸内細菌のバランスを整える作用や、ミネラルの吸収を促進する作用などがあることも明らかにされています。

 

更には脂質の代謝を上昇されることから、ダイエットに対しても効果が期待できる成分とも言われています。
特に整腸作用に関しては、その機能性が消費者庁によって認められています。

 

そのためいわゆるトクホ製品にも、その効果効能を明記することが許可されている成分でもあります。

 

気になる安全性についてですが、工業的に生産される際の主成分として利用されるのは、人の母乳や牛乳中にも天然物質として含まれている物質を使用します。

 

そのため、とても安全性が高いのも特徴のひとつだと言えます。
また熱や酸にも強いので、調理や保存にも強い、それによって成分の良いところが失われないと言うのも魅力的です。
ガラクトオリゴ糖は牛乳などの乳製品に含まれています。
また砂糖の代用としても使用できるので、お菓子などにも含まれていることがあります。ただし砂糖に比べるとカロリーはとても低く、虫歯を予防する効果が高くあります。